生活習慣病にならない生活を目指してみましょう

生活習慣病には、糖尿病(1型糖尿病を除く)、心臓病、高血圧、脳卒中、脂質異常症(家族性脂質異常症を除く)、肥満があります。

これらの病気は、健康診断の時に判明することが多いようです。

私の母は、健康診断の結果から病院で検査をするように勧められて現在も通院治療中です。

母の場合は、高血圧でしたので、血圧を下げる薬を飲んでいますが、食事でも血圧を下げる効果のある食品を取り入れることや、適度の運動をするようにと医師からアドバイスをされています。

生活習慣病という名前の通り、生活習慣を見直すことで病気にならなかったり、病気になっていても軽減できたり、完治できたりするのではないでしょうか。

規則正しい生活をして、食生活を見直すことは大切なことです。今の食生活の中で簡単にできることから少しずつ始めてみれば良いのです。

減塩をする、脂っこいものを減らす、食事の栄養バランスを考えるなどは今すぐにでも始められそうですね。母は、これらの簡単にできることで、今では高血圧が落ち着いています。

生活習慣病にならないためには、日頃から、栄養バランスを考えた食事を取り、適度な運動をして、質の良い睡眠をとることが理想的です。

参考になるサイト